物語と写真

中川シゲオの物語と写真のブログです

愛の音色-1-

-1-
 小杉裕二が淀屋橋の駅に着いたときは、すでに午後九時をまわっていた。通勤ラッシュが終わったあとだが、勤め帰りの男女で、まだホームは混み合っていた。出町柳行きの特急電車を乗るのに並んだホームで、黒いスーツを着た女性を見て、裕二は、今日も会った、と思った。じっと見ていると怪しまれるので、見て見ぬふりをする。女は、裕二の目を意識しているのか、ツンとして前を向いて立っている。独身男の裕二は、三十二歳になっている。大学を出て十年、サラリーマン、年収は500万円をこえた。独り暮らしだ。枚方から支線の電車に乗って星が丘で降りてから徒歩で三分。独り暮らしには贅沢な2DKのマンション住まいだ。そろそろ結婚してもいい歳だと、世間の男並みに考えていたのが三十前で、それからかれこれ三年が経った。
 電車が入ってきて、乗り込んで、出発を待つ裕二だ。勤め先は銀行、所属は淀屋橋支店営業部だ。気になるのはスーツを着た女性だ。彼女は枚方で降りる。そこまではわかっている。あとのことはわからない。わかったところで今どきのことだ、不審者扱いされてはいけないから、自分の中だけで、その女性を見定める。まだ若い、小柄な女性だ。スーツを着用しての通勤で、夜九時ごろまで仕事をしている職業は、なんだろうと推測する。まさか市役所じゃないだろうな。可愛い感じがする。ちょっと疲れているようにも見えるが、シャキっとした表情で前を向いている。警戒している。都会の中で女性は警戒する。女性を巡るトラブルは、特に痴漢犯罪は、格好のニュースになる。その女性が斜め前の席の通路側に座ったので、裕二は見るともなく、耳後ろからの姿を見てしまう。スマホを見るわけでもなく、会社からのフォルダを開くのでもなく、本を読んでいるのでもなく、じっとしている女性だ。
 日曜日の午後に、枚方の駅前で、その女性と会った。会釈してきたのは、女性の方だった。裕二はドキッとしたが、会釈には会釈で返した。普段着らしい。しゃれたワンピース姿で、ズック靴を履いていた。髪の毛はポニーテールにしているのはいつもと一緒だ。二度目に会ったのは、駅前から50メートル先にあるコンビニだ。女性はスナック菓子とジュースをレジにおいて、カードで精算している。裕二は、パンを買うのでレジで彼女のうしろに並んだ。
「ええ、大丈夫です、こちらこそ、ごめんなさい」
裕二が手にぶら下げたポリ袋が、女性の手に触れてしまったのだ。すみません、と云った裕二に、ちらっと目線を裕二に向けた女性が、あやまってきた。いちゃもんをつけられたら困るから、わるくはなかっても謝る、というのがトラブルにしないコツだ。
「よく、駅で、おみかけしますね、淀屋橋の」
「そうですね、お見受けしたことあります、そうですね」
裕二は、コンビニを出たところで、その女性に声をかけた。女性は警戒心を解いたかのように、親し気に応対してきた。これが裕二と奈美が交わした最初の会話だった。

IMG_3660

ハッピーライフ-13-

-13-
顔を押し当て、唇を縦の女陰に押し当て、ぶるぶると揺する裕二だ。
膝を肩に担がれ、折り曲げられ、脇腹の横にまで股を拡げられた佳織。
裕二の唇を女陰に押し当てられ、拡げられてじゅるじゅるな気持ちになる。
「ゆうじぃ、ああん、いい、いい、ああん」
唇で愛撫される佳織が、もちあげられた臀部を左右に揺する。
「ああん、ああん、いい、いい、ああん」
小さな二人用のちゃぶ台が置かれた畳一枚分のスペースだ。
佳織が仰向き、裕二が俯き、太腿を拡げられ、クンニされているところだ。
裕二の唇は柔らかい、佳織の女陰も柔らかい。
ぶちゅぶちゅと舐められ、舌を挿し込まれて舐められる。
そうして裕二は、佳織の膝を抱えたまま、腰の勃起ブツを女陰に挿し込む。
挿し込むときには、手をあてがって、先を挿し込み、そのままぶすぶす。
「ああああ、ゆうじぃ、ひぃい、ひぃい、ひぃいいいっ」
「うううん、いい、いい、いいよぉ、かおりぃ」
ぶっすり挿し込んだ裕二が、佳織の唇に唇をつけます。
佳織は、腕で裕二の首を抱き、胸を密着させる。
きっちり、裕二と佳織は、男と女、密着、二つが一つになる。
「ああん、あっ、あっ、いい、いい」
「ううん、うん、うん、ああ、ああっ」
裕二が腰を揺する。
佳織のなかで男のモノがうごめく。
「ひぃいい、ひぃいい、ああん、ひぃいいっ」
「おお、おお、かおりぃ、いい、いいっ」
裕二は腰をあげ、尻をあげ、そうして男のモノをぶすっと挿し込む。
佳織は男のモノをからだの奥にまで受け入れ、呻き悶える。
大学生の佳織は21才、女の花咲きだす年頃だ。
裕二は、元気もりもり、硬くした男根を、佳織のなかへ挿し込んでぐちゅぐちゅ。
スキンをの先をつまんで、装着しないといけない。
体位を崩し、抜き、装着し、ふたたび、裕二は佳織にかぶさる。
もうあとは佳織を昇らせながら、射精するだけの裕二だ。
ぐいぐい、ぐいぐい、佳織が呻き、裕二が力む。
「おおおおっ、いく、いく、いくうっ」
「ああん、いい、いい、いいっ、ああああ~っ!」
裕二の痙攣で佳織がイッテしまって、そのままダウンだ。
裕二の射精がおわった後には、佳織も力をぬいて、抱きあったままだ。
抱きあったまま、余韻を楽しむ佳織と裕二はハッピーライフ真っ最中なのだ。

_20170312_185814

ハッピーライフ-12-

-12-
裕二はあぐら座りで佳織はおんな座りだ。
ちゃぶ台が前にあって、体位は裕二が左で佳織が右だ。
裕二が佳織の背中へ右腕をまわし、正面向かせて抱く。
乳房を露出させたまま、佳織が穿いたショーツのなかへ、臍のしたから手を入れる。
佳織は、すでに裕二のモノをズボンのジッパーを開いて剥きださせ、握っている。
もぞもぞ、ショーツの中へ入れた左手の指を動かし、陰毛分けて股へとおろしてしまう。
佳織は、伸ばしている右足を立てる。
裕二の手が、自分の股間を弄れるように、開いたのだ。
「ああん、ゆうじぃ、あああん」
裕二は、佳織が穿いたショーツを脱がしていく。
お尻をあげさせ、臀部から抜いて太腿に留める。
帯状になったショーツを、太腿から膝へ降ろし、足首に絡ませておく。
ズボンを脱ぎ、下穿きを脱ぎ、腰から下を剝き身にした裕二は、あぐら座りのままだ。
「かおり、いいね、やわらかい、いいね」
陰毛を撫ぜた指をそのまま降ろし、柔らかい股の唇をまさぐる裕二だ。
「ああん、あん、あん、ゆうじぃ、ったらぁ、ああん」
佳織は右手に裕二の勃起モノの真ん中を握って、ぐじゅぐじゅ動かしている。
佳織の背中を軽く押さえつけると、裕二のモノを口に頬ばれ、という合図だ。
裕二はあぐら座りから足を投げ出す格好になる。
佳織は、裕二の足の間に正座する。
正座したまま顔をおろし、裕二の腰の勃起ブツを口に入れる。
「ううん、ああっ、かおり、ああっ、いい、いい」
腰を横に揺すりながら、裕二は佳織にフェラチオを、してもらう。
まだタンクトップとブラを胸のうえに押し上げられたままの佳織だ。
裕二は、フェラするからうつむきになる佳織の乳房をまさぐる。
両手で、それぞれ左右の乳房に手をのせ、揺すり、揉んでいく。
正座から、足をぺたんとひろげる佳織。
スカートがひろがり、股は隠れたままで裕二には下を向いても見えない。
裕二が、佳織の顔をあげさせ、向き合い、タンクトップとブラを脱がせる。
上半身を裸にした佳織を、裕二が抱いてやる。
そうして佳織は仰向けに、寝かされる。
佳織の足をひろげさせ、膝を肩に担ぐ裕二だ。
肩に担いで、そのまま前のめりになると佳織の半裸は開脚で折れ曲がる。
裕二の目の前に、スカートが腹に捲れた佳織の股間が、現れる。
女の其処を見た瞬間、男の裕二は、むらむらの情が湧いてきたのだ。
裕二は、そのまま、かぶりつくようにして、佳織の女陰に顔を押し当てた。

_20180914_145604

ハッピーライフ-11-

-11-
ここは裕二の部屋だから、裕二が主導権をとって佳織の下世話をする。
コンビニで買ったお弁当を食べ終わり、ちゃぶ台のうえを片付ける。
ベッドがあって、勉強机があって椅子があって、本棚がある。
洋服収納ボックスがあり、SONYのオーディオセットがあり、小型のテレビがある。
カーペット敷にちゃぶ台、、残す床は畳一枚分ほどで、寝ころぶことは出来る。
佳織は、タンクトップにフレアのスカートを穿いていて、足を崩して座っている。
裕二は、ズボンにシャツ姿で、佳織の横にあぐら座りだ。
佳織と裕二は、洋服を着たまま、抱きあう。
裕二が軽く肩を抱くと、佳織が崩れるようにして裕二の胸に顔をつける。
「ああん、ゆうじぃ、して、して、して」
「うん、うん、かおり、しよう、しよう、してやるよ」
あぐら座りの裕二が、胸に顔をつけてきた佳織の髪の毛を抱いてやる。
裕二の胸から顔をあげ、佳織は裕二の顔を見る。
裕二は、佳織が抱きついている上半身を開くようにひろげ、キッスする。
キッスといっても、裕二が唇を、佳織のあごから口元までを這わして舐めるのだ。
「はぁああ、ふぅうう、はぁああ、ああん」
佳織は、受け入れる準備が出来ているのか、もう息を乱れさせ、声を洩らす。
裕二は、唇を、佳織の顔に這わせながら、左手で、タンクトップのうえから胸元を触る。
佳織が、ズボンを穿いた裕二の、腰のまわりに手を置いて、じっとしている。
「ああん、ゆうじぃ、はぁあん」
「ううん、、かおり、いいねぇ」
裕二は、佳織の腰から下へ目を配る。
佳織は右足を伸ばし、左足を折り曲げる格好で、上半身を裕二に抱かれている。
足が露出、太腿の半分から下が、露出してカーペットの上にあるのを、裕二が見る。
スカートをめくりあげる裕二の左手。
裕二の目に、佳織の白くて薄い木綿のショーツが見える。
佳織は、右手で裕二のズボンのジッパーをおろし、その中へ手をいれ、まさぐる。
裕二は、佳織の手さぐりに呼応して、タンクトップの裾から左手を入れてやる。
佳織の右手が、勃起しはじめた裕二のモノをジッパーから取り出し、露出させる。
裕二は露出させられ、握られながら、佳織の胸を露出させてやる。
スカートはめくり上げたまま、ショーツは穿かせたままだ。
裕二は興奮している。
佳織の乱した洋服姿を見ていて、乳房を露出させて、乳房を見る。
いつ見ても、生々しい感じが裕二のなかに生じる。
白いぷっくらにあめ色の乳輪、そこに乳首だ。
裕二は佳織に男のモノを握られながら、興奮するのだ。
「ああっ、ああん、ああっ」
裕二が、唇に乳首を挟んでモグってやると、佳織が甘い声を洩らしてくる。
声を洩らしながら、右手に握った裕二のモノを、ぎゅっと握り、上下させてくる。

_20180917_143414

ハッピーライフ-10-

-10-
二回も終えてしまって夜の八時を過ぎたのでコンビニへ行くことにする。
佳織は外出できるように服装を整え、うすく化粧を施し、出かける用意だ。
裕二は裕二で外出できる服装で、佳織より一歩先にドアから出て階段を降りる。
人目についてもいいが、佳織が人目につくとまずいから、別行動だ。
道路に出て、ワンルームから50mほど離れた電柱の陰に立った裕二に佳織が追いつく。
そこからは二人並んで歩くのだ。
東大路に出る角を曲がったところにセブンのコンビニがある。
明るい店内で、眩く感じていまうが、二人の関係を他の人は知らないはずだ。
佳織は昼間にも買い物をしているが、バイトの子は入れ替わっていた。
お弁当を二つ、飲み物はコーラとロハスにして、ナナコで支払いを済ませた。
「ねぇ、ねぇ、見て、見て、あの二人、あんなところで、目立つじゃない」
佳織が、角を曲がって少し暗くなる電柱のかげで、若い男女が抱きあいキッスしている。
その光景を見て、佳織が、裕二に囁くのだった。
「いいじゃん、行くとこ、なんいや、ない奴はしやないやろ」
そういえばそうかもしれないが、電柱のかげでは抱きあうのが精いっぱいだ。
通り過ぎる時、抱きあった若い男と女は、佳織と裕二に顔を見られないよう横向いた。
ワンルームへ戻るときも、佳織と裕二は別行動だ。
裕二が先に往って鍵をあけ、少し遅れて佳織がやってくるパターンだ。
部屋に入ればもう人の目を気にすることもなく、リラックスだ。
買ってきた弁当をひろげ、飲み物をコップに注いて、夜の食事だ。
裕二の弁当はハンバーグランチ、佳織の弁当はサケ弁当だ。
ハンバーグを半分、サケを半分、二人分け分けして食べるのだ。
「ねぇええ、わたしたち、ハッピーなんよね、そう思わない」
「ハッピーといえばハッピーライフやろ、生きてる証拠や」
「わたしのこと、好き?」
「もちろんやろ、好きに決まってるやろ」
「ほんとよね、わたし、変な夢みたのよ、それで」
「どんな夢なんよ、変な夢って」
「なんかね、赤ちゃんがいるのよ、わたしの子だっていうのよ」
「だれが、そんな、そんな夢かよ、赤ちゃんか」
そういえば裕二も佳織も、なにもいわずにスキン派だ、ほぼ最初から。
外出しはしていなくて、出すときはスキンをかぶせて出してやる。
直前までつけないから、危険リスクがあると佳織がいう。
大学生の身分だから、でけたらどないしょ、これが佳織の夢の正体だ。
食事が終わると、三回目を始める、もう午後九時半を過ぎている。
外出するときに着た洋服のままだから、最初から始めるから、新鮮だ。

_20180806_061616

ハッピーライフ-9-

-9-
ストーブを入れているから、裸でも寒くはない。
抱きあっていると、佳織の肌は温かい。
湯たんぽのように温かい。
ぽっちゃり柔らかい肌が温かい。
「あん、あん、いやん、ああん」
佳織の鼻にかかったかすれ声が、裕二の心を揺さぶる。
「ううん、かおりのこと、すきだ、すきだよ」
うっとり、佳織は、裕二の肩から背中に腕を降ろし、胸を接近させる。
「ああん、ううん、わたしだって、ゆうじのこと、すき、すきよ」
佳織が、裕二のモノを咥えたまま、腰を少しだけ左右にゆする。
微妙に裕二の勃起する肉棒で、自分のなかをこするのだ。
「ああっ、いい、いい、ゆうじぃ、いいわぁあ」
うわずった声で、裕二の首に抱きついて、耳元で囁く佳織。
「ああん、いい、いい、ゆうじぃ、いいきもちよ、ああっ」
腰から尻を、裕二をまたいだ腰にこすりつける佳織。
とろとろにぬれぬれとなってくる佳織の股だ。
裕二は、伸ばした足をひし形にして、佳織の股をのせてさせる。
男のモノを勃起させ、女のモノへ挿し込んで、密着しているのだ。
密着させたまま、腕を佳織の脇腹から、背中へまわして、肩に手を置く。
手をおいた裕二は、上半身を反り返らせ、足をひろげ、裸の体を開放する。
そうして裕二は腰からの、勃起ブツを、いっそう勃起させ、佳織に挿し込んでやる。
「ああん、ゆうじぃ、いい、いいああん」
「いいだろ、かおり、いいだろ、いいだろ、きもちいいだろ」
「いい、いい、きもちいい、ああん、ゆうじぃ、すき、すき」
「ううん、うんうん、おお、ああ、かおり、ううっ、いいよぉ」
だんだんと激しく、裕二は腰をねじりだし、佳織は腰をうごかして、性器を刺激しあう。
ストーブの温風がでてくる音がかすかに聞こえるほかは静寂だ。
佳織の呻きが、裕二の心をハッピーにする。
佳織は佳織で裕二のモノを挿し込んで、無上の幸せ感に満ちていく。
そこそこに、意識があるうちに、佳織がスキンをつけて欲しいという。
裕二は、佳織の要求にしたがって、抱きあって、腰をあげさせ、勃起ブツを佳織から抜く。
抜いた裕二は、スキンをかぶせ、根元近くにまでかぶせて、そのまま佳織に挿入する。
つけてしまえば、あとは、いってしまうだけ、果てていくだけ、佳織が喜悦声に咽ぶのだ。
ぐいぐい、行為が激しくなってくる。
裕二のモノを根元まで、咥えている佳織が、激しく、腰を揺すり動かし、内側を擦る。
「ああ、ああ、ああっ、ひい、ひい、ひいいいっ、ああああ~~!」
裕二にしても、ここで射精をはじめてしまい、痙攣で佳織をアクメに導いた。
佳織はからだの力を抜いて、裕二にかぶさったまま、静かに崩れてしまうのだった。

_20180917_151923





ギャラリー
  • 写真-11-
  • 写真-11-
  • 写真-11-
  • 写真-11-
  • 写真-10-
  • 写真-10-
  • 写真-10-
  • 写真-10-
  • 写真-10-
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ