物語と日記

内海淡水のフィクション・物語と日記のブログです

お知らせ

ブログのタイトルを変えました。

_20180819_131827
こんにちは。
ブログのタイトルを<淡水の詩と評論>に変更しました。
小説を書く枠組みを、<小説と雑記のブログ>移動させました。
ここには「詩」「評論」を載せようと思っています。
よろしくお願いいたします。

新しくブログをつくりました

DSC_2744
中川淡水の小説と批評のためのブログです。
よろしくお願い申し上げます。

 かって東松照明さんと作家論的論議を交わしていたときのこと。繁夫というのはどうもいけないな、作家らしくないな、と冗談交じりに言われたことがあった。それ以前も、その後にも、その「繁」という字に引っかかっていて、滋賀県出身の外村繁(とのむらしげる)の名はあるけれど、それは一文字「繁」であって、繁夫ではない。実をいうと子供のころから「しげお」「しげ夫」小説を書くようになって「茂夫」とか使っていたわけで、ようやく最近になって淡水という字を気に入って、これを使うようになった。といっても、それはむしろアダルト的な内容の部分に置いて使っているわけで、ここではシームレスに使っていこうと思った。淡水とかいてあわみと読む。内海淡水とかいてうつみあわみと読む。




ギャラリー
  • 食べ物語-2-
  • 物語190215
  • 物語190215
  • 物語190213
  • 物語190212
  • 物語190210
  • 物語190209
  • 物語190209
  • 物語190208
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ