物語と日記

内海淡水のフィクション・物語と日記のブログです

物語

物語190215

DSC_4287
日本寫眞記(2)
或る時、嵐電帷子ノ辻駅からJR太秦駅へいく道筋に古墳があると知りました。
この界隈も含め、太秦から嵯峨野一帯を古墳群といっていて、その一つが此処。
垂箕山古墳(たるみやまこふん)とされていて、秦一族の墓だろうとの推測です。
後期古墳時代のもの六世紀半の古墳のようですが、今は皇族の墓になっています。
なんだか、分かりにくいところですが、ぼく自身も混沌としてきます。

日本寫眞記と題して、ここは第二シリーズの終わりの項とします。
そもそもの題名自体がピンと来ていなくて、たとえば日本生成記なんかを考えています。
でも、生成記なんて名付けるのも、まだ時代が早すぎると思っています。
日本の現在からこの先、日本創生の神話が、再度浮上する時代を待つところです。
現在の政治家たちの心の状況を読み解くと、察するに、神話時代に戻そうとの気配です。
中川繁夫のホームページ
DSC_4300

物語190213

DSC_3633
日本寫眞記(2)
圓山陵墓参考地と書かれた立札を探しあててゆるい丘を上っていきました。
大覚寺の大沢の池から南へ下がった左側、住宅の裏になる場所です。
何度か上って、南斜面に大きな石があるのを見つけて、なに?、と思いました。
石棺の蓋としての石だろうと思いましたが、たぶんそうでしょう。
まだ発掘されていない石棺なのかもしれない、参考地とあるから皇族の墓か。
それなら、年代はかなり下がってくるわけで、平安京造営以後ですかね。

嵯峨野古墳群という呼び名があることを知って、古墳を見に行こうと思った。
嵯峨野の風景をロングで撮っていて、ポイントが定まらない頃でした。
名がわからない、畠の中に丘を見つけて、古墳かも、と思っているなかでした。
現場で学ぶ、ということで知識を重ねていく方法をとっている取材です。
まとめられた書物を読んで、それに基づいて写真を撮りにいく、という方法ではなくて。
現地で得る感触と知識と、若干の参考文献で、写真と文をまとめようと思っているのです。
中川繁夫のホームページ

物語190212

DSC_3618
日本寫眞記(2)
大覚寺の大沢の池を起点に、広沢の池に向けて歩くコースをとります。
嵯峨野旅情と自分では名付けているんですが、春に夏に秋に、歩きます。
逆に、山越のバス停から千代の古道をコースに添って大沢の池をめざします。
昨年には、その道中に古墳や陵があるのに気づいて、それを求めてまわります。
狐塚(きつねつか)古墳は、竹藪の中でした。
グーグルマップでは近くまで来ているのに、見つけられなくて、右往左往します。
草の種がズボンにきっちりついてしまって、あとからひとつひとつと手で取る。
植物も、子孫を残すのに必死なんやろな、たまに出会えた動くものにへばりつく。

石室の入り口は柵と施錠で、内部を覗くと光が届く範囲で見える。
天塚古墳、甲塚古墳、それにこの狐塚古墳と、石室の有る古墳を巡ったことになる。
その前に蛇塚古墳を取材してあるのですが、それは巨石が露わになっている古墳。
このシリーズに入れるとしたら、次に入れる、まだ思案中です。
というのも蛇塚古墳は、イメージ的に、史蹟として整備されていて、イメージが合わない。
静止画(写真)で連ねるわけだから、全体イメージを想定するわけです。
あと二回ほど連載して、9集まで連ねて終わろうか、あと二つはどうするか、です。
まだ、頭の中で、思案中のところです。
中川繁夫のホームページ

物語190210

DSC_3205
日本寫眞記(2)
今日は甲塚(かぶとつか)古墳を日本寫眞記(2)-6-として掲載しました。
嵯峨野の地域になると思うのですが、有栖川が流れる南側になりますね。
位置的には、広沢の池があって、現在の遍照寺がって、そこから南300mあたり。
最初に行ったのは昨年の夏の終わりかと思います。
グーグルのマップを使いだして、位置を探しているのに、すぐそばなのにわからない。
わからないままに探して、造園会社の敷地のなかに見つけました。
地元の人が、鳥居を建て、石室の入り口には鉄柵が施してありました。

誰の墓なのかわからないですが、この地の豪族、支配していた秦氏関連みたい。
すでに階級があった時代なのか、支配関係があって、頂点に近い奴の墓ですね。
庶民は風葬、野晒し、朽ち果てていく、という風に、心が滅び、身が滅んでいく。
ぼくもここまできてしまって、風葬じゃなくて火葬場にて焼却される身です。
なにかしら、精神のもがりみたいな、ふつふつと感じるものがあります。
日本の生成、そのあたりの精神を感じていきたいと想う思いで、繋げています。
いま、これから、流行していく兆しが見えていて、ある種、危険だな、と思っています。
中川繁夫のホームページ

物語190209

DSC_3158
日本寫眞記(2)
京都の太秦天神川の近くに古墳があるというので、探し探して行った先が天塚古墳。
ここには住人がおられて、稲荷社の祠になっている、古墳の管理人ですかね。
宮内庁管理の陵ではないから、行政が管理するのか、個人が管理するのか。
いずれにしても誰かが管理しないと、古墳の形を維持できない、ということですね。
六世紀前半につくられた前方後円墳で全長70m余りあると書いてあります。
こんな古墳があるなんて、ついこの前まで知りませんでした。

今年になって、再訪をと思っているところで、まだ行けていない。
昨年、この太秦、嵯峨野の古墳群から、四つの古墳を探訪してきたところです。
日本寫眞記のパート2は、京都の太秦・嵯峨野を中心に採取したイメージです。
天皇陵がありますが、時代的に平安京になってからなので、ここでは載せない。
載せるとしたら、日本寫眞記パート3を想定して、そこにまとめていくか、と思います。
地味な作業で、写真的には面白くない写真群だけど、承知の上でまとめています。
中川繁夫のホームページ
DSC_3151

物語190208

DSC_2172
日本寫眞記(2)-4-
嵯峨や嵯峨野、それに太秦という地域に愛着を持つ感性を紐解きます。
十代の多感な三年間をこの界隈に親しんだからだと思っています。
16才になるとき嵯峨野高校に入学、18才の終わりまで高校生でした。
この年代は1963年から1966年、昭和38年から昭和41年春までです。
今年は2019年ですから、50年以上、半世紀以上の年月が過ぎています。
自分が育った風土の一部が、この地域と共生していると思えるのです。

ヒトの心というか、感性、ヒトが拠って起つ場所があるとしたら、ぼくには此処。
そんな思いが近年していて、具体的にこの地域を歩いて回っている感じです。
そのころには作家になることを夢見ていたなぁ、具体的に動こうとしていたなぁ。
もとからサラリーマンになるなんて考えられなかったし、職人も考えられなかった。
中学生から高校生、二年生のころまでは音楽家になりたいけどなぁ、と思っていた。
高校二年頃から作家、詩人より小説家になりたいと現実味を帯びて思っていました。

もう人生終わりかけてきている現在、自分と風土の関係の中に感覚があります。
想いだから、わからない、言葉にはならない、でも言葉を連ねる今です。
写真を連ねているけれど、やっぱり底辺には言葉がある、そう思うところです。
言葉、文章、それにイメージとしての写真・静止画、これの組み合わせですね。
言葉なしの、インパクトある写真は、撮れない、性の領域はインパクトあるけど、撮れない。
どうしたことか、いつのまにか、この風土の中にカメラを持ち込んで、終えようとしている。
中川繁夫のホームページ
ギャラリー
  • 食べ物語-2-
  • 物語190215
  • 物語190215
  • 物語190213
  • 物語190212
  • 物語190210
  • 物語190209
  • 物語190209
  • 物語190208
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ